避妊薬による違い|事後でもしっかり避妊処理/アフターピルを通販で注文

事後でもしっかり避妊処理/アフターピルを通販で注文

手の上の薬

避妊薬による違い

女性であれば避妊薬についても知っておくべきでしょう。
避妊薬としてアフターピルを紹介していますが、もうひとつ、避妊薬には低用量ピルというものがあります。
同じ避妊を目的とした医薬品ですが、用法用量や使用目的が全然違うため、利用する際はこれらの違いをしっかり区別するようにしましょう。

まず低用量ピルですが、こちらは毎日継続して服用する避妊薬になります。
毎日服用することで徐々にホルモンバランスを変化させ、妊娠しない状態を作りあげてくれます。
こちらは継続して服用していかなければ効果を発揮しないため、急なアクシデントにより妊娠の危険が出たからと言って服用しても効果は薄いので注意しましょう。

一方、今回紹介するアフターピルですが、こちらは性行為後に服用するだけで避妊効果を発揮してくれる避妊薬です。
こちらは毎日継続して服用する必要がなく、その日の服用だけで効果があります。
コンドームの破損など、何らかのアクシデントで避妊に失敗した可能性がある場合はこちらを利用しましょう。
アフターピルには受精や着床を防ぐ効果があり、その避妊成功率も高くはなっていますが、この成功率は服用するタイミングで左右されることを知っておきましょう。
性行為後72時間以内にアフターピルを服用すれば避妊効果を発揮してくれるのですが、服用するタイミングが早ければ早いほど成功率は高まります。
72時間ギリギリで服用した場合の成功率が80%ほどなのに対し、24時間以内に服用した場合の成功率は95%近くにまで上昇します。
そのため、時間的にまだ猶予があるからといって安心するのではなく、前もってアフターピルを用意しておき、すぐ服用できる状態にしておくことをオススメします。